初めてのお客様

植物の力で肌力UP
sub3_031
佐藤 典美
アロマリンパセラピスト
自然療法士

はじめまして。

ご訪問いただきありがとうございます。

横浜の大倉山で、冷え・むくみ・肩こりを根本的に解消する体質改善のためのプライベートサロンを主宰しております佐藤典美と申します。
アロマとの出会い、サロン開設に至るまでの経緯や、これまで多くのお客様を施術させていただいて、感じたことなどについてお話しさせていただきます。

私、佐藤は娘を出産するまでは、外国人に日本語を教える日本語教師の仕事をおりました。
そこでは、色々な国の生徒さん達との出会いがありました。
そして、数えきれない程の貴重な経験をさせていただいて、遣り甲斐も感じておりました。
ただ、私が教えていた学校では、出勤前や仕事帰りのビジネスマンの生徒さんが多かったので、日本語教師を続けることは時間的に難く、産後は復帰しませんでした。

出産前までは仕事中心の毎日で、常に何かに向かって全力で前進する!
そんなスタンスで何十年も突っ走ってきたのですが、出産して仕事を辞めてからは、暫く子育てに専念する日々が続きました。
出産を機に生活が180度変わった感じです。

勿論、子育ては楽しかったです。
ただ、主人が仕事で忙しく娘と二人だけの時間が長かったせいか、母親業がしっかり出来ているのかと不安に陥ることもよくありました。
そして、気付いたら、今まで味わったことがない、子育てに対する不安が日に日に募っていったのです。

このままではいけない、何とかしなくては!
と思っていた矢先、今度は卵巣脳腫が発覚しました。

ただ、私の婦人科系トラブルは、この時始まったわけではなく、若いころから、生理痛、生理不順、無排卵周期症・・・・と、多くの婦人科系のトラブルに悩まされていたのです。

職場のストレスや、睡眠が十分に取れなくて疲れが溜まって・・
という状況になると、必ずといって良い程、婦人科系に支障をきたしてきたのです。
だから、この卵巣脳種も子育てに対する不安や、肉体的にもボロボロという状態で、なるべくしてなってしまったのだと思いました。

そんな時に私の心を穏やかに、そして元気づけてくれたのがアロマ(香り)でだったのです。
ちょっとした息抜き、リラックス、リフレッシュのために精油を買って、アロマポットに数滴垂らしては、香りを楽しみました。
その優しい香りにどんなに救われたことか・・
今から考えると懐かしい思い出ですが、その時にはとにかく必死だったのです。

そして、この時、ふと、あることを思い出したのです。
それは、以前、日本語教師をしていた時、アメリカ人の生徒さんのお宅で炊かれていたアロマを嗅いだ時に感じた、その感覚でした!
そして、香りは人の感情に働きかける何かを持っている・・
と香りについて興味が沸き、そして、香りについて学びたい!と考えるようになっていったのです。

そして、アロマについて学んでいくうちに、ただ良い香りがすると思っていたアロマが、実は非常に奥が深いということにも気付きました。
例えば、嗅いだ香りはダイレクトに脳に伝わって、自律神経を整えてくれます。
また、自然の薬効を持っているアロマの成分が皮膚から体内に吸収されると、薬の代わりのように身体に働きかける!ということも学びました。

そして、このアロマを生活の一部に取り入れれば、ストレスからも、病気や不調からも開放されるのでは?!と思ったのです。
また、使うことで副作用が起こるような薬は飲みたくない・・
頭痛が起こらないようにしたい・・
と思い、香りをたいて予防をしたり、アロマオイルを作ってセルフケアをしたり・・
気が付くと、アロマは生活の一部となって、なくてはならない存在になっていたのです。

そして、このアロマを使って、自分や家族を始め、一人でも多くの人の身体と心を元気にしてあげたい!アロマセラピストになりたい!と思うようになっていきました。

それから10年以上の月日が経ちました。
セラピストという仕事に就いて10年、プライベートサロンを始めて9年の月日が過ぎました。
これまで、「多くの女性の心と身体を元気にしてあげたい!」という思いを大切に活動して参りました。

女性には結婚、妊娠、出産、更年期・・と様々なステージがあり、心と身体は変化し続けます。
そして、その変化によって時にバランスを崩し、それが不調として身体に表れることもあります。
佐藤自身も身を持って痛感しております。

ラベンダーテラスは、女性の一生に寄り添って、一人でも多くの女性が、どんなステージにおいても元気に美しく輝き続けていただけるよう、サポートさせていただくサロンでありたいと思っております。

5年先、10年先の輝かしい未来予想図を私と一緒に描きませんか・・

保持資格
公益社団法人 アロマ環境協会認定 アロマセラピスト
公益社団法人 アロマ環境協会認定 アロマテラピーインストラクター
公益社団法人 アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー
ナードアロマテラピー協会認定 アロマアドバイザー
日本フェイシャルトリートメント協会認定 表情筋機能再生セラピスト
NPO法人 日本メディカルハーブ協会認定  ハーバルセラピスト
漢方整体療術師
足つぼ施術者養成講座取得
ハワイアンロミロミセラピスト
ホットストーン講座終了
植物美容講座終了
セラピストスクール「マタニティアロマトリートメント講座」終了
マタニティセラピストスクール「産後アロマトリートメント講座」修了

主な活動
「ラベンダーテラス」主宰
アロマ環境協会認定教室「アロマとハーブの教室ラベンダーテラス」主宰
アロマ検定1,2級対策講座
外部スクールフェイシャル講師
横浜市助産院にて産前産後アロマトリートメントケア
ラベンダーテラスや外部レンタルスペースにて、アロマクラフトや
セルフトリートメント講座主宰
フェイシャルトリートメント講座主宰

特典について

リピーター様

定期的なケアで心身のバランスを整えていただくために、ご来店いただいた日から35日以内に
再来店
いただきますと、殆どのメニューを10%OFFにてお受けいただけます。

ご紹介特典

ご家族やお友達、お知り合いの方をご紹介いただきますと、ご本人様、ご紹介者様お二人にサービス
させていただきますので、お声掛けください。

ラベンダーテラスのこだわり

オーダーメイドボディトリートメント

使用する精油はは、コンサルテーションを基に、お客様のご希望とその時のお身体の状態に合わせて、その都度ブレンドします。
トリートメントは、力加減など、お客様のお好みを伺い、お身体の状態を確認させていただきながら、進めていきます。ご希望により、整体、ストレッチを含めた、骨盤調整、歪み調整を取り入れることも可能です。
まさに、あなただけのあなたのためのオーダーメイドトリートメントです。

オーダーメイドフィトフェイシャル

お顔だけのケアではなく、心と身体も含めたトータルケアをすることで、内面からの輝きが生まれるのだと思っております。
使用しますハーブや精油はお肌の状態に合わせてその都度調合させていただきます。
テーマは内面から美しく!

精油について

施術に使用します精油は、医療用としても使われているフランスのフロリアル社のものを中心に、オーガニックのものを使用しております。

フロリアル社精油
フロリハナの精油、植物油、芳香蒸留水は全て100%オーガニックであり、医療用としても使用されています。
原料となる植物は全てが野生、または無農薬、無化学肥料で、家畜の堆肥も使用せずに栽培しています。
厳しい国際基準をクリアしたオーガニック認定商品を生産しています。

精油を希釈するキャリアオイルについて

精油の原液は刺激や作用が強いので、皮膚塗布やトリートメントを行う場合は、必ず植物オイルなどで希釈して使います。その希釈するオイルのことをキャリアオイルと言い、主に植物油が利用されます。
ラベンダーテラスで使用しておりますキャリアオイルは、オーガニックホホバ油やマカデミアンナッツ油を中心に、単独で、又はブレンドして使用しております。

ハーブについて

ラベンダーテラスではフランスのプロフィダイエ社のハーブを中心に、オーガニックハーブを取り扱っております。

プロフィダイエ社
プロフィダイエの製品はフランス政府の公式認定検査機関ECOCERTにより、化学薬品、化学肥料、化学除草剤を一切使用せず、栽培されていることが保障されています。

化粧品について

ラベンダーテラスでは、フィトテラピー(植物療法)の考え方をベースに、日本人の肌質や環境に合わせて考案された、バイオラブ社のものをメインに使用しております。

バイオラブ社
日本人の肌質や環境に合うように作られた、日本人のための日本生まれの自然派コスメです。
バイオラブは、植物の力によってお肌だけではなく、心と身体も含めたトータルケアで、私達が本来持っている自然治癒力や自己免疫力、肌力を高めことが出来るという、ホリスティックな考え方に基づいています。鮮度と品質を保つため、オーダーメイドのような少量限定生産。
合成着色料・合成保存料・鉱物油・パラベン・アルコールは一切使用しておりません。そして、佐藤がバイオラブを選んだ理由は・・

  • 顔だけではなく、心と身体のケアも含めたホリスティックな考え方であること。
  • 厳選した天然素材を使っていること。
  • 自社工場で開発、製造が一貫して行われ、 製品の管理も徹底されていること。
  • 植物の息づかいが感じられるほど、自然の香り、使い心地が良いこと。
  • 佐藤自身が確実に肌の変化を実感できたこと。

ラベンダーテラスのフェイシャルトリートメントにおいても、
バイオラブの化粧品とハーブを用いております。

植物療法(フィトテラピー)について

植物療法(フィトテラピー)とは、植物の力を借りて、私達が本来持っている自然治癒力に働きかけて、身体の不調や皮膚のトラブルなどのケアや、病気を予防する自然療法のことです。
アロマテラピーも植物療法の一つです。
アロマ(精油)とハーブは同じ植物でも特性や使用法などが違います。

ハーブについて

ハーブは英語で「薬草」のことです。香りの高い香草には、滋養強壮やリラックスなど様々な効果を持つものが多いのが特徴です。その植物の持つ効果をそのまま取り入れるのがハーブです。
ハーブの効果は緩やかなことが多く、妊娠中の方や小さなお子さんでも安心して摂ることができるものが多いです。

アロマテラピーについて

植物の持つ芳香成分を利用して、心と身体を健康にする自然療法のことを意味します。
香りが脳を刺激して、ホルモンの分泌量を調整したり、免疫力を高めたり・・心身のトラブルを予防して、改善していきます。
継続されることで、少しずつ体調や心に変化を感じていただけると思います。
ただし、アロマトリートメントは病気を治すための治療行為ではありません。

アロマテラピーとハーブの違い

アロマテラピーもハーブもどちらも植物成分を利用するものです。ただしアロマテラピーは植物の香り成分である精油を主に用いるのに対し、ハーブは植物全体の成分を用います。
精油は油溶性のため飲用はせずに、トリートメントオイルやクリームなど外用剤の形で利用しますが、ハーブは水溶性の成分が多いため、お茶として飲用することもできます。その差によって、それぞれの得意分野も変わってきます。
ハーブは口腔内や胃腸を中から癒やすのが得意です。
一方アロマは皮膚などの表面から働きかけて、香りを使って脳や神経に働きかけます。
アロマテラピーとハーブを両方用いると、身体の内側と外側の両面からアプローチでき、とても効果的です。

Copyright©2015 lavender terrace All Rights Reserved.produced by HP作成 microWEB